大会要項及び安全、車両規則等

 

■大会名 PEDAL MARK(ペダルマーク)

 

■開催地 鳳来地区を中心とした新城市内各所(離発着地=ふれあいパークほうらい)

 

■開催日 平成29年9月3日(日)

 

■大会概要 スポーツサイクルで制限時間内に地図上に落とし込まれたチェックポイントを自由に巡る、ロゲイニング形式のサイクルイベント「PEDAL MARK(ペダルマーク)」!チームで作戦を立て、頭と体力をフル活用し、地図をみながらポイントまわり点数をゲットしていく奥三河初開催となる新感覚のイベントです。

 

■種目 6時間(ファミリークラス3時間)

 

■募集期間 平成29年7月14日(金)~7月31日(月)

 

■申込方法 スポーツエントリーによる申込

 

■参加資格

◆一般チーム

健康な中学生以上の3~5人チーム

※18歳以下の参加者のみでのエントリーは無効・18歳以下の参加は必ず保護者同伴です。

◆ファミリーチーム

必ず親子(小学生以上中学未満)ペアを含む健康な2~4人チーム

※保護者同伴のみの参加です。

 

■募集定員/参加費

◆一般チーム

35チーム
¥8,500/名(朝食&昼食付)※大会は3~5名1チームで行動します

◆ファミリーチーム

12チーム
2名:¥10,000(朝食&昼食付)

3名:¥12,000(朝食&昼食付)

4名:¥14,000(朝食&昼食付)

※大会は2~4名1チームで行動します

 

■参加賞 なし

 

■表彰 1~3位
新城市各所に設けられたCP(チェックポイント)の得点を競い合います。CPの得点は当日グリーフィング時に配られるCP一覧に記された写真と同じ場所に撮影者以外のメンバーを入れた写真を撮る事により加算されます。

 

■特記事項

・警報発令時は大会を中止いたします。

・大会当日が荒天、大雨の場合、安全な大会運営への配慮のため主催者の判断により競技間の短縮、大会を中止する可能性があります。

・エントリー後いかなる理由であっても参加料の返金はいたしません。

 

■その他 会場内に飲食ブース等の出店あり 

 

■主催 新城スポーツツーリズム推進実行委員会/CLT/BUCYO COFFEE

 

■安全、車両規則等

 

■使用可能車種

・ロードレーサー・MTB・CXバイク・クロスバイク・スポーツ用小径車両

※タイヤ幅は全てフリーですがコースの一部には未舗装路も含まれています。

※走行に適したバイクで参加してください。

※ロードタイヤで出場する場合、700×25〜28Cを推奨します。

 

■使用不可

・ママチャリ・リカンベント・BMX・ピストバイク(固定ギヤ車)・リアカー(トレーラー)付き自転車

※上記以外でも主催者が危険と判断した場合は参加をお断りすることがあります。

 

■ハンドル形状

 

■使用可能

・ドロップハンドル

・フラットハンドル

 

■使用不可

※素早いブレーキ操作の妨げになるもの

※急勾配の路上での操作に不向きなもの

※DHハンドル

※スピナッチ

 

■装着使用義務

・前照灯・後尾灯またはリフレクター・ベル

 

■使用可能または推奨品等

・ボトルケージ(推奨)・サドルバッグ・泥よけ・携帯ポンプ(推奨)

・ギアバック(走行の妨げにならず装着できるもの)・ミラー・

・スペアチューブ/スペアチューブラータイヤ(推奨)

・パンク修理キット(推奨)・携帯工具(推奨)・鍵(推奨)

・サイクルコンピューター・モバイルバッテリー(推奨)

 

■ライダー着用義務

・ヘルメット(レザー、布製は禁止)・グローブ・アイウェア

 

■大会ルール・注意事項

・車両は通常の走行に耐える強度を備え、よく整備された車両を使用すること

  ※主催者による車検は行いません

・帰着が制限時間を大きく越える場合は事務局に連絡すること

・交通法規を必ず遵守して走行すること

・一列走行で追走、並走はしないこと

・私有地への侵入はもちろん、柵またはゲートなどを乗り越え侵入することや、国有林など立ち入り禁止区域への侵入、常識的に侵入すべきでない個所への

 立ち入り、無理な移動、通過は絶対に行わないこと※これらを侵しトラブルが発生した場合は自身の責任により解決し、事務局は一切関与いたしません

・史跡や公園内などは必ず下車または駐輪して進入や移動すること

・出先での機材含めたトラブルは基本的に自ら解決し、その解決策や回避への対策を十分に行うこと

  ※回収が必要な場合は事務局に連絡すること=リタイヤ扱いとなる

・トラブルが発生した場合は速やかに事務局に連絡すること

・走行しながら地図を確認したりスマートフォン等の操作は行わないこと

  ※地図は必ず通行の妨げにならない場所に停車し、確認すこと

・上記車両規則や大会ルールなどを理解し、自己責任により参加すること